ブログ

ひとり税理士と体調管理

 今月半ば頃、急に39度オーバーの熱が出て、3日間ほど下がらずふとんでウンウン唸っておりました。土曜日に発熱して月曜日まで。奇跡的に三連休にピッタシ重なったので、お客様にご迷惑をかけることはなかったのですが。(とはいえ連休全部つぶしたため、家族には文句言われました)

 税理士試験受験生の時から、6月後半から7月にかけてなぜか毎年体調を崩します(帯状疱疹、40度オーバーの熱、脱臼)。体が受験時代の苦しさを思い出し拒否反応を起こしているようです(笑)

もともとあまり体が丈夫な方ではないので、毎年1回は必ず熱を出して寝込むことがあったのですが、今回は独立後初めてだったのでいろいろ考えます。

独立を考えるにあたって私が一番リスクに感じていたのがここでした。一人だと他に誰もサポートしてくれる人はいません。3日間で終わればいいですが、入院とかになってしまうと業務は滞ってしまいます。税理士法的には、事務所以外で仕事することは二か所事務所の規定に反するということなので、病院で仕事できるかというと微妙です。となると結局無理して出てきて仕事するということになってしまいます。電話がかかってこればもちろん出ますし、提出期限があるようなものは何とかして出さなければいけません。

最近生活が不規則だったことを反省しています。忙しいから昼ご飯抜いたり、業務を集中させすぎて睡眠時間を削ってしまったり…

健康診断もいかないとなあ…

編集後記
 近鉄不動産様で相続に関するセミナーをやらせていただきました。今後毎月第三日曜日に、近鉄不動産東山営業所におきまして税務相談会を開催させていただきます。相続に関する勉強会も不定期ですが開催させていただきますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

    関連記事

    1. 独立前にやったこと2
    2. 独立前にやったこと1
    3. 独立して初めての申告
    4. 相続診断士試験について
    5. 独立して一年
    6. 税理士からのダイレクトメール
    7. 加藤伸哉税理士事務所 本日開業
    8. 経営革新等支援機関に認定されました
    PAGE TOP