ブログ

独立後初めての確定申告

確定申告、無事完了しました!

ブログずいぶんさぼってました….というか書いてる時間なかったというか….

とにもかくにも無事完了です。この業界に入って12回目の確定申告ですが、この12年の間にも確定申告のやり方はずいぶん変わってきました。一番大きな変化は電子申告の普及でしょうか。僕が入ったばかりの時は、まだ申告書の発送を郵送で行っていました。その当時はまだアシスタントでしたから、発送作業は僕の仕事でした。税務署提出用、お客様返却用、事務所保管用の三部の申告書を印刷し、源泉徴収票などの提出必要書類を紙に糊でペタペタはって、医療費控除の領収書を袋に入れて……今考えるとあの大量の申告書を郵送なんてよくやってたなと思います。電子申告ありがとうです。一人でやっている人間には電子申告ナシは考えられません。

今年から取り組んだこと①ペーパーレス化

今年はペーパーレス化に取り組みました。今まで申告書の事務所用控えや、提出書類・帳票についてはコピーを取って保存していました。大体キングファイル3冊分ぐらいの量になってしまうので持ち運ぶこともできないし、第一僕の3㎡もない事務所にそんな大きな資料何個も置いとけません。目標は紙の保存資料を0にすることです。実際今回すべてデータで保管することができました。紙代とインク代の節約にもなります(独立すると感じるのがこの二つの費用の大きさです。馬鹿になりません)。元帳チェックもiPadですべて行います。アップルペンシルだと紙でチェックするのと変わらない感覚でチェックできます。かなりおすすめです!ペーパーレス化のために必要なものはスキャンニングの手段ですが、僕は「スキャンスナップ」という卓上スキャナーと「スキャナブル」というアプリを使っています。スキャンスナップでいいところは、コンパクトなところはもちろん、向き補正を自動で行ってくれるところです。これがあるので非常に見やすい資料が作れます。スキャナブルはiPadのアプリでカメラ撮影した画像を自動でPDF変換してくれるアプリですが、読み取り精度がいいのと、Dropboxとの連携が気に入っています。資料によってこの二つを使い分ける感じです。

今年から取り組んだこと②クラウド会計freee

今年はfreeeに助けられました….資料送ると予想外のスピードでデータ化が完了しており、仕事がサクサク進みました。確定申告に向けて人員を増強するとおっしゃってたので、その結果なのかなと思います。仕訳数にしたら何千という数なので、僕の2,3日分くらいの時間が浮かせたことになります(僕はあまり入力が早い方ではないので…)

さあ、今日から通常業務に戻ります。とりあえず1月決算の申告を…

編集後記
ユニモールにできた「いきなりステーキ」に初めて行ってきました。12時前に行ったのに早くも行列が…おいしかったというか、肉食った!って気分にさせてくれるお店ですね。

    関連記事

    1. 今年の年末調整~配偶者控除等申告書~
    2. 相続診断士試験について
    3. 土地建物一括購入(売却)時の案分について
    4. レンタルオフィス
    5. 公営ギャンブルの払戻金に対する課税について
    6. 独立前にやったこと1
    7. 税理士からのダイレクトメール
    8. 「平均課税制度」一時的に収入が大きく増えた人の節税
    PAGE TOP